出会い系サイトで援〇している女子を探し出しして軟禁してから肉便器にしていく鬼畜な男のエッチな体験談

色々な出会いを楽しみたい

最新版

安心の出会いを求めるならPCMAX

\恋人がいない方もここならイケるかも!?/

↓↓期待できる出会い系サイトはココ↓↓

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

今すぐに出会いたいなら「PCMAX」!!


申し込みは早い者勝ちです!!


今すぐに出会いたい!!!!!

出会い系サイトで援〇している女子を探し出しして軟禁してから肉便器にしていく鬼畜な男のエッチな体験談

PCMAX(ピーシーマックス)

そのいかつい男は久々に気分が良かった。
ある男(以後智一)から巨額なお金を手にすることが出来たからだ。

 

智一は女の子を軟禁し、売春行為をさせ荒稼ぎしていた。

 

しかし、智一ははじめの予定に無い振る舞いをしていまい、それが要因で追い詰められることになった。

 

その行ないは、学生まで軟禁してしまい、学校に行っていないことが親や周囲の関係筋に疑念をもたれてしまったのである。

 

智一は不審がられないように細心の注意を払っていた。が、パーフェクトではなかった。。

 

男は赤い染めた髪の毛を短く刈り上げ、整髪料で立てたその様子はまるで炎のようだった。

 

ガリガリのその体に黒の無地のアウター。

 

ビンテージものなのか、それともただ単にズタズタなのか分からないストレートのダメージジーンズを履いていた。

 

素肌は夏だと言うのに白い。きゃしゃつきだが筋肉が浮き上がっている様子は不気味さを感じた。

 

男(以後和夫)はその軟禁されていた女の子の姉の方に自分自身の携帯電話を渡しておいた。
その目的は・・・

 

和夫は女の子を軟禁していた智一に電話をかけた・・・

 

和夫)よお。次の狙ったギャルは見つかったか?

 

智一)ええ、何人か見つかりましたよ。さっそく一名は直ぐにでも会えそうですがどうしますか?

 

和夫)おお!いいね!退屈だから少し遊ぶか。どこに何時?

 

和夫は智一から電話番号、時間、ところを教えてもらうと連絡を切った。

 

この二人は最初から仲間では無い。智一が主催するレイプのツアーにゲストとして参加していた。

 

お得意さんで学生のレイプの時も参列したいた。

 

その女の子は強姦してそのまま公園に捨てていく予定だったが、智一は軟禁し、売春をさせようとしていた。

 

調教は成功した。

 

 

しかし、これが過ちの元凶になる。

 

和夫はこの女の子の身辺を調べ上げ、智一を揺さぶるネタを拾い集めた。

 

長期に及ぶ軟禁は危険性が高い。

 

学生ならばなおのことだった。

 

実際のところ、親が不審に思い捜索願が出そうになっていた。

 

智一がどのように親をまるめこんだのは知らないが、明白にミスっていた。

 

彼女たちを解放し、智一には警察の裏人間との仲介する、そのパイプがある。。けれども、そのために金が必要不可欠だと言って欺いた。

 

 

斡旋などはもちろん大ぼらで全てのお金が和夫の手の中にある。

 

マジで危険になったらさっさと自分だけ逃げるつもりだった。。そこまでは智一の味方のフリをしてお金を戴こう。。

 

そして、二人は表面的には協力者となった。

 

次に軟禁する相手・・・それを探していた。
何名かはめぼしい人を見つけた。
これからそのうちの一人と会うことになったのだ。

 

あの部屋にまた軟禁できそうならマンションに・・・できなさそうなら・・・

 

和夫は智一に言われた場所に向かった・・・

 

待合場所はパチンコ屋のパーキングだった。
しばらく待っていると、近寄ってくる女性がいた。

 

ブロンドヘアーのストレートロングに近所の高校の制服を着ている。明らかに学生だった。
ウィークデーの昼間にパチンコ屋のパーキングで待ち合わせ・・・まあ、とりあえず話ししてみるか。。

 

和夫)こんにちは・・・君がナミさん?

 

ナミ)こんにちは。

 

ナミを助手席に乗せ走り出した。

 

和夫)近くのラブホテルで良い?

 

ナミ)はい

 

金髪の見かけによらずおどおどとしていた。智一は出会い系サイトで女の子を物色していたので、割り切りで会う・・・なので安っぽいラブホに直行の予定になっている。
ナミは制服のスタートをギリギリまで短くして健康的に焼けた生足がチャーミングだった。金髪のロングは自分でブリーチしたのだろう・・・毛先が痛んで少し広がっていた。

 

メークも今時風のメークで正直、遊んでそうな表面だった。

 

 

はじめこそはナミも緊張していたのか、大人しかったが、すぐに慣れてきて段々と本来の姿が出てきた。

 

ナミ)学校?んー・・・行っていない?ごく稀に顔だす程度かな?一応まだ制服

 

和夫)実家は?ちゃんと帰ってる?

 

ナミ)寝に帰るレベルかな?後は好きな人のとことか、友達のとこ・・・どうして?

 

和夫)いや、こんな時間に援〇する位だから家出かと思った。援〇は良くするの?

 

ナミ)たまに―。かなりうちらの回りはあたりまえのようにやってるよ?

 

ナミはスマホをいじりながら和夫の質問に答えた。

 

ナミ)どこのラブホテルに行くの?

 

和夫)ああ・・・この先のラブホだよ

 

和夫の車は段々と国道から離れて山々の中に入っていった。
山の中に安っぽいラブホが一件あることにはある・・・でも、そのラブホの前を普通に通り抜けた。

 

ナミ)あれ?この先にラブホテルあったっけ?

 

和夫)ああ・・・あるよ。ちょっと前出来たばかりで看板ないんだ。

 

道路は段々細くなり、そのうち舗装もされていない道になった。
最初の待ち合わせの場所からかなり離れている。
周りに建物も見当たらないし、街灯も電柱も無い・・・
さすがにナミは様子がおかしいと感じた

 

ナミ)なに?絶対無いでしょ?ラブホテル

 

和夫)・・・

 

和夫の口元がニンマリとゆがむ

 

ナミ)いや!!下ろして!警察に連絡するよ!

 

と思うが早いか急ブレーキをかけた。
いきなりのブレーキにシートベルトをしていなかったナミはダッシュボードにフルパワーで顔面からぶつかった。その衝撃でスマホが床に落ちた。

 

和夫が淡々とナミのスマホを奪取する。
それから、電源を切った。

 

和夫)ジッとしろ・・・言うこと聞けば帰してやる。

 

和夫は本来の口調に戻った。
冷たい刃物のような目でナミを見下す。

 

ナミは痛打した顔を押さえながら涙ぐんだ目で和夫のことを睨んだ。
ただ、和夫の冷たい目を見て無意識に逆らってはいけない・・・そう本能的に感じ取った。

 

そして,また和夫のクルマは走り出した。
和夫がスマホで連絡をする・・・

 

和夫)よお。会ったけどまた女子高生だぞ?どうする?・・・ああ・・・ああ・・・そうだな・・・分かった。

 

それから、クルマはどんどん山々に入っていった・・・

 

 

しばらくして、少し広い空き地に到達した。

 

和夫)おい、降りろ

 

ナミ)な・・・何する気?

 

和夫)降りろと言っている

 

ナミは泣きそうな気持ちを振るい立たせ、和夫を睨み返しジワリジワリとクルマを降りた・・・

 

ナミは用心しながら車を降りる。
和夫から目を離さず、睨みつけた。

 

和夫は、それを楽しそうに含み笑いしながらその目線を受け止めた。

 

今度は後ろから人の気配がする。
ナミが慌てて後ろを振り返るとそこにもう一人男が立っていた。
センター分けのチャランポランに長い髪の毛は少しオタクっぽい。顔の作りは意外といい男だった。

 

智一)こんにちは。

 

智一だった。智一は満面の笑みで迫ってきた。手の中にはいつもの撮影用のカメラがもたれている。

 

ナミ)ええ!?な・・・なんなの?いや!近づかないで!

 

ナミはビクビクしながらも強い口調で言い放った。

 

和夫)おい。クルマに手を付いてケツ突き出せ。

 

ナミ)はあ!?ふざけんじゃねえよ!ヤダよ!

 

和夫は無表情になりナミに無遠慮に近づいた。そして、頭髪を鷲掴みし、車のボンネットへ叩きつけた。
無我夢中で抵抗するナミを力づくで片手で押えつける。耳元に顔を近づけボソボソっと話しかける・・・

 

和夫)てめぇ・・・まんまり調子のってんじゃねぇぞ・・・

 

小さく静かに話す和夫の声はナミの体をあっという間に恐怖で硬直させた。

 

押えつけられたまま、もう一方の手でスカートをめくられる。
ごり押しでスカートの上からオシリの割れ目にそって指でなぞる。マンコまで指を持ってくるとクリトリス付近をグリグリと押しつぶした。
あまりの雑さに気持ちよさより痛みを感じるほどだった・・・
そして、また問答無用でパンティを下ろそうとする。

 

ナミ)い・・・いやぁ・・・

 

和夫)おい!どうした?号泣してわめいても良いんだぞ?まあ・・・誰も来ないだろうけどな!

 

そう言って和夫は激しく笑った。
無理やりパンティを下ろされる。抵抗しようと足を強く閉じたりしたが、頭を抑える手に力が入り、顔の骨格がミシミシと軋むほどの力でボンネットに押し付けられた。
股に力を入れる意識の集中ができなくなり、あっさりと下着を下ろされてしまった・・・

 

 

和夫)今から強姦してやる。抵抗するなよ。そうなれば直ぐに終わるからな

 

和夫はまた耳元でボソボソっとしゃべると押えつけている手を頭から離した。
ナミがヒックヒックと涙がこぼれてわめき出した。そして、抵抗しなかった・・・

 

和夫はナミの後ろに立つと、腰を掴んで自分の腰の方に向けた。
オマンコの入り口に亀頭を当てる・・・

 

と思うが早いか一気に膣の奥まで挿入した。

 

ナミ)あああああああああ!!!!

 

ナミのマンコはまだ完全には濡れていないようだった。入り口付近は入りずらかった。

 

にゅるにゅる・・・

 

それでも、マンコの奥は湿っていていい感じで膣の奥まで侵入した。

 

 

 

和夫はナミを車に押し付けるように腰を突き上げた。

 

腰の動きに合わせて、クルマがユサユサ動く。

 

ナミ)いやぁぁぁぁぁぁ!!!

 

和夫はスカートを捲り上げて、腰を強く掴みカクカクと腰を打ち付けた。

 

和夫)いつだって会ったばかりのオッサンのチンコこうやってズコズコ入れているんだろう?

 

ナミ)・・・はあ・・・はあ・・・

 

ナミは無視した。

 

和夫)毎日何本のチンコ咥えてるんだ?おい

 

ナミは和夫の質問をスルーしつづけた。早く済ませて家に戻りたい・・・抵抗するとどんな目にあわされるか分からない・・・本心を言えば・・・恐ろしかった・・・怖くて・・・なんの反抗も出来なかった・・・
ナミは気が強い方だと思っていた。学校はさほど行かなかったが、常日頃から仲間と馬鹿をやって遊ぶのが楽しかった。夜は男友達も一緒になっていわゆる血気にはやっていろんな遊びをやった。オッサンはお金を運んでくる鴨・・・コイツもそうだと思っていた・・・悔しさだった・・・まさか、自分がこんな目に会うことになるとは・・・今になっても信じられなかった・・・

 

和夫は腰を動かしながらふところから喫煙を取り出した。そして、火をつける・・・

 

和夫)ふー・・・

 

大きく息を吸って煙をナミの方に向かって浴びせる。

 

和夫)おい・・・スルーしてんじゃねぇよ。てめぇのケツにタバコの火押し付けるぞ。ああ!?

 

ナミ)いやーーーー!!!

 

ナミは首を左右に激しく振った。

 

和夫)いつも何人のオヤジのチンコはめているのか聞いているんだよ!!

 

ナミ)うっぐ・・・ウッグ・・・は・・・はめてない・・

 

ナミは泣きながら応えた。

 

和夫)はあ!?嘘付くな!いつも男漁ってるの知ってるんだぞ!

 

ナミ)ううう・・・

 

和夫)今日は俺で何人目だ?

 

ナミは泣きながら搾り出すようにしゃべりだした・・・

 

ナミ)・・・ひ・・・初めてです・・・

 

和夫)じゃあ昨日は!!

 

ナミ)い・・・いつも・・・一日一人・・・位だから・・・

 

和夫)やっとすんなりとしゃべるようになったな!毎日違うチンコはめて喜んでいるんだな!

 

ナミ)いやぁ・・・ち・・・違う・・・

 

和夫)男はいるのか?

 

ナミ)・・・・

 

ナミはちょっと考えるように俯き、そして僅かにうなずいた。

 

和夫)お前・・・男のために股開いているんだな?

 

ナミは否定も肯定もしなかった・・・しかし、こいつが肯定であることを表していた・・・
和夫の目が危険に光る・・・

 

和夫)恋人は今ごろ何やってんだ?他のビッチ女子と遊んでいるのか?

 

ナミ)ち・・・違う・・・し・・・仕事・・・

 

和夫)彼氏が仕事している間に抜け出して援〇か・・・良くあるパターンだな。実家には帰ってないのか?

 

和夫は質問し続けた・・・その間ずっと智一はその様子を録画していた・・・
ナミは実家にもほとんど帰っていないようだ。好きな人のアパートに転がり込んで、同棲生活をしていた。
実家の家族は手のつけられない10代の彼女のすることに口を出さなくなったらしい・・・中高生というナイーブな年代の子供を持つ両親としてはしばしばある事のかもしれない・・・

 

 

彼氏は仕事しているが、給料は安い。その彼女のナミが援〇して足らない分を補っていた。

 

近頃、食費はほとんど10代の彼女が支払っている。彼女自身もバイトをしようとしたこともあったが、金髪の外見もありなかなか働かせてくれるところが無く。

 

もとから続かない性格もあり、仕事場とケンカして辞めることが多かった。

 

援〇は彼氏と付き合う前から時折やっていた。いつも偉そうにしている大人達が自分の機嫌をとろうとおろおろしている姿を見るのは良い気分だった。女子高生というだけで片っ端から男達がお金を運んでくれる・・・そういうイメージだった。

 

だいたい質問が終わると和夫はいきなり彼女からチンコを抜いた。
満開の花弁が真っ赤に充血していた。そして・・・ゆっくりと閉じていく・・・
チンコもオマンコも白く濁ったマン汁でべったり濡れている・・・

 

とすぐに、オシリに痛みが走る。

 

ナミ)い、痛い!!

 

後を振り返るとタバコを持った和夫が含み笑いしながら見下ろしている・・・
タバコの灰がオシリに落ちたのだ。一瞬の熱さだったので突き刺すような痛みを感じたのだ。
和夫がナミの耳の近くで囁くように話しかけた・・・

 

和夫)私は公衆便器です。私のオマンコにたっぷりザーメンを注ぎ込んでください。って言って腰を振ってみろ。そうすることで今日のところは終了してやる。

 

ナミ)ええ!い・・・いやだ!そんなこと言えない。膣の中は・・・マンコの奥は止めて!!

 

和夫)お前言葉使いが出来てないな・・・幼稚園卒業したのか?

 

和夫はお尻にタバコの灰を落す・・・

 

ナミ)いやぁぁぁ!!!や・・・やめ・・・止めてください!!ご・・・ごめんなさい!!

 

和夫はゾクゾクっと背筋に走るモノを感じた・・・自然と笑いがこみ上げてくる・・・

 

和夫)早く言えよ。ケツに根性焼き作りたいのか?

 

ナミ)うううう・・・・わ・・・・私は・・・

 

ナミは恐怖で完全に心が支配された。和夫はこの時点を待っていたかの様にマジで楽しそうにナミのお尻をペチペチと叩く。

 

ナミ)私は公衆便器女・・・です・・・・・・わた・・・しの中に・・・たっぷり・・・と・・・精液を・・・注ぎ・・込んで・・・くださ・・・い・・・・・

 

和夫)聞こえねえんだよ!!!!!

 

バチィィィィィィィィィィン!!!!!!!!!

 

不意にお尻を思いっきり叩いた!ナミが体を反り返しながらビクンと反応する。
もう、顔中涙と鼻水でぐしゃぐしゃになっていた・・・顔のことなんか気にする余裕など微塵も無い。号泣しながら、今、出せるせめてもの声を絞り出した。

 

ナミ)私は公衆便器女です!私の中にザーメンだしてください!!!

 

和夫はナミの腰を掴み直し、お尻を鷲づかみにして丁度良い位置にもってきた・・・
そして、一気にぶち込む・・・

 

 

ナミは泣きながらそのショックを体で受け止めた。

 

和夫は腰を強く掴み打ち付けてくる。
ナミは車のボンネットに手を付いてケツを突き出した状態からだんだんと上半身がボンネットに押し付けられるように激しく犯された。制服のスカートが和夫の動きに合わせてユサユサとゆれていた。
ナミのマンコの奥は熱く・・・マン汁でクチュクチュっとエロい音を立てていた・・・

 

和夫)なんだかんだと言って・・・びっしょり濡れてんじゃねえか。どうだ、気持ち良いか?ん??

 

ナミ)はあはあ・・・いやぁ・・・き・・・キモイ・・・

 

ナミは和夫の腰の動きが段々とエスカレートしてくるの連れて気持ちとは裏腹にどんどんマン汁が溢れてきた。

 

和夫)気持ち悪い?そうか?そうは思えないな?・・・はは。まあいいか。今いっぱいザーメン射精してやる・・・

 

ナミ)いやぁぁっぁぁぁぁ!!

 

和夫)だって、お前さっき自分で言ったじゃねえか!?

 

和夫はそう言って楽しそうに笑った。
そして、頭を掴み顔を近づけた。ナミはもう完全にボンネットにボディを乗せている状態まで押し付けられていた。二人の体が張り付いた状態になり、まるで犬の交尾のように腰をスライドしていた。和夫が有無を言わさず激しいキスをする。しかし、ナミは全身の力を込めて舌を入れさせないようにした・・・

 

和夫)さあ・・・だ・・・出すぞ!!

 

和夫は上半身を起こし、立ちバック姦の格好に戻った。
一層強く腰を動かす・・・
ナミの息も荒くなってきた・・・

 

和夫)ああ・・・い・・出す・・・

 

次の瞬間。亀頭が大きく膨らんだ・・・大量のザーメンが一気にナミの奥深いところに注ぎ込まれる・・・
腰を掴む和夫の指に思わず力が入り、強く爪が喰い込んだ。

 

ナミ)いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 

和夫は気持ち良さそうに天を仰いだ・・・まだ、チンコがドキンドキンと脈を打ちナミのマンコの奥を満たしていった・・・

 

しばらくして、和夫がようやくナミから離れた。
オマンコからザーメンがブチュ・・・っと音を立てて滲み出る・・・

 

和夫)おお・・・かなり射精したからな。溢れてきた。・・・おい、智一。ちゃんとこれも撮ってあげて。

 

ナミは撮られていることに抵抗を感じたが、腰が抜けて動けなくなっていた・・・それが恐怖で抜けたのか、絶頂感で抜けたのか・・・分からない・・・

 

和夫)なんだかんだ言って。気持ちよかっただろう?

 

ナミ)ひっく・・・ひっく・・・き・・・キモい・・・

 

ナミは泣きながらやっと答えた。

 

和夫)さて・・・これからが本題なんだけどさ・・・

 

和夫の目つきが変わった・・・

 

 

ナミは膝立ちの状態で車のボンネットによりかかるポーズでうんざりとしていた・・・
和夫の言葉に反応する元気も無いが・・・本題と言う言葉にまだこれで終わらないのか・・・と絶望感がさらに動く気力が削がれる・・・

 

和夫)今のセックスさあ。丸ごと撮ってたんだけど、このデータベースお前購入しない?

 

ナミ)え?

 

ナミはゆっくり顔をあげ、和夫の顔を見る。
和夫はニンマリしながらこっちを見ていた。

 

和夫)100万円でいいよ?

 

ナミ)え?いや・・・む・・・無理

 

和夫)こいつさあ・・・智一って言うんだけど。ウェブサイト持ってるんだ。そこにこれを処理して掲載するんだよ。そのページのアドレスを君の友達や彼氏に送ったり・・・親に送ったり・・・写真にして近所みんなに配ったり・・・あ!写真にホームページのアドレス記載してばらまくのも良いかな?みんななんて言うかな?

 

ナミ)いや・・・いやいやいや!!止めて!!

 

ナミは涙目で和夫にすがった。

 

和夫)100万円・・・用意できるかな?

 

ナミ)そんな大金・・・無理だよ・・・

 

和夫)そうか・・・なら仕方ないな。彼氏にこの画像送るか・・・あなたの彼女は毎日股を広げて男漁ってますよ〜って。ハハハ

 

ナミは言葉が出なくなった・・・

 

和夫)それが嫌なら・・・これから俺たちの言うとおりに行動するか?

 

そこに智一が話に加わってきた。
ナミのセックス動画を秘密にする代わりに1ヶ月間智一のアパートに住むこと。
その間、スマホは取り上げる。
そして、出会い系サイトで智一たちがナミを装いお客を準備する。その客さんをナミが相手をする・・・それが提案という名の無理強いだった。
当然客の男は智一たちが選ぶし、休むまもなく男の相手をすることになるのは目に見えていた・・・
もし、彼女がトラブルに巻き込まれたらそのまま逃げれば良い。
数ヶ月軟禁するかは二人の間でいっぱい悩んだが、やっかいな面倒なことに巻き込まれないようにするために、また、ナミを追い詰めすぎて思いもよらぬ行動をしないようにするために取り合えず一ヶ月にすることに決めた。・・・取り合えず・・・

 

だいたい説明が終わった。

 

ナミはうなずくしか無かった。1ヵ月だけ我慢すればまた初めの生活に戻れる・・・彼氏には実家に戻らなくてはいけないと言えばなんとかごまかせるだろう・・・

 

和夫)おお。そうだ。せっかくだから智一。お前も一発抜いとけば?

 

智一)ああ、そうだな。

 

智一はズボンのベルトをカチャカチャ言わせながら外し始めた・・・
そしてナミはまた同じようにボンネットに手を付きながら背後から辱めを受ける・・・
なんのペッティングも無しに一気に挿入され・・・入れた瞬間、ブチュブチュゥ・・・と和夫の精子が溢れ出す・・・

 

ナミは抵抗しなかった・・・

 

しばらく経って智一がナミの中で果てた。二人分のザーメンがオマンコからポタポタと垂れている・・・
その後、もう一度和夫に犯された後、智一の車でアパートに向かった・・・
ナミの目は死んだ魚のように輝きを失っていた・・・

 

10代の彼女の長い1ヵ月はこうして始まった・・・

 

 

PCMAXは2018年で最も出会えるサイト

 

  • いますぐに貴方のタイプの異性とのエッチをしてみたい方
  • 「夜だけ・セフレ募集」などのアダルト目的もOKです
  • なにより清楚系がいっぱいだけど、本当はビッチでエッチ
  • 人には言えない性癖の人でも出会えるマッチングサイト

 

PCMAXは誰も知ってる国内最大手の出会い系サイト!とりわけ女性からの人気が高く、

 

PCMAXの女性利用者の集客率はハンパなくケタ違い!

 

なぜなら言うまでもなく女性会員が利用する際にきめ細かいサイト&サポート体制が抜群であること!

 

言うまでも無く出会いの可能性もバツグンに高いので、ピュアな男女の出会いからアダルトっぽい大人の出会いまで

 

ありとあらゆるものをトータルにカバーでき、ネットの出会い系サイト利用での登録は絶対に外せない国内ナンバーワンの出会い系サイト

 

※今ならメール1000円=20通分の無料ポイントをプレゼント※

 

【PCMAX(ピーシーマックス)「18禁」】の無料登録

【男性特典】コチラから登録・年齢確認で1,000円分のポイントゲット

【女性特典】コチラから登録で永久無料です^^

出会い系サイトへの入会が不安ですか?

PCMAX(ピーシーマックス)

出会い系サイトへ入会・登録するとなるとやっぱり不安・・・
でも大丈夫です!!
当サイトでは安心・安全な出会い系サイトしか
紹介していません!!

そして出会い系サイトについて正しい知識を
知っていれば、なんら不安になることもなく
仮に悪質な出会い系サイトを見ても心配になることはありません。


「出会い系サイト」のメリットとデメリットを学ぶにはコチラ >>


モテない男でも輝ける!!

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

出会い系サイトで援〇している女子を探し出しして軟禁してから肉便器にしていく鬼畜な男のエッチな体験談関連ページ

地方での講演で知り合った清楚なスリム女性とのホテルでのワンナイトセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
浪人生のオイラが近所の女性とセフレになってしまった体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
産婦人科医がこっそりと教えてくれた、これまでで一番最高にエッチなお話とは。。。
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
同級生の男女と宅飲みで酔っ払い男子にどさぐさに紛れてセックスしたスケベ女子の体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
セックス好きな女子大生が彼氏と青姦セックスしたエッチなセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
駅のホームで声掛けした女性が酔っ払いの美形女性で、お持ち帰りできたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
いきなり若いギャル女子と同棲することになった奇妙なセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
美形女性と飲み屋のソファでディープキスしながらセックスした体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
クラス会で再会した清楚な女がド淫乱女子になり同窓生で乱交したセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
彼の浮気現場を彼の隣に住んでいる部屋で聞かされ絶望で涙ぐんだ私
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
スレンダーな貧乳のバツイチ営業ウーマンと濃厚セックスの体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
M系の女性がドS系の彼氏に連日のように調教セックスされるスケベな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
三十路の叔母と近親相姦セックスで童貞を捨てた浪人生の悲しい初体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトハッピーメールで知り合った初々しい専門学校生にペニスしゃぶらせ処女も頂いたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトPCMAXでゲットしたスケベな激かわ大卒女子とのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトのPCMAXで出会った匂いフェチな男性とのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
夫の上司にクリトリスを責められスケベな言葉で犯された人妻のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
彼女に内緒で出会い系サイトで知り合った女性にセックステクを伝授してもらったエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトのPCMAXで知り合った26歳の処女女性に貫通セックスしたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで五十路熟女とセックスフレンドになった60歳男のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで夫とセックスレスになった清楚な若妻と生ハメセックスしたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
童貞喪失は出会い系サイトで出会った年上の若妻と車の中でのカーセックスだったエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
暇を持て余す人妻が出会い系サイトでコロッケ売春するエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
フェラチオ嫌いのマンネリ夫婦が出会い系サイトで偶然遊んでいたバカ夫婦のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで美人のマグロ女性よりもマンコの締まり最高のブスとのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで悪徳業者のドM女と公衆便所でセックスしたツワモノのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
欲求不満でセックスしてくれる相手がいない女の性欲は異常だということを知ってますか?|エッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで知り合った合法ドラッグを使う元彼とのセフレ関係に悩む人妻のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
アラサー熟女と誰もいない店内で手マンから中出しセックスしたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。