出会い系サイトで五十路熟女とセックスフレンドになった60歳男のエッチな体験談

色々な出会いを楽しみたい

最新版

安心の出会いを求めるならPCMAX

\恋人がいない方もここならイケるかも!?/

↓↓期待できる出会い系サイトはココ↓↓

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

今すぐに出会いたいなら「PCMAX」!!


申し込みは早い者勝ちです!!


今すぐに出会いたい!!!!!

出会い系サイトで五十路熟女とセックスフレンドになった60歳男のエッチな体験談

 

ワタシは定年退職を迎えて61歳になりました。今でも夜は現役なんですが。。。

 

しかしながら、妻はおまんこの膣が乾ききって性交拒絶なんです。

 

「不倫しても良いわよ。。ただし本気は許さないから。。」と言われて、出会い系サイトに入りました。

 

ワタシが知り合った女性で気に入ったのは「山田五十路熟女の佳子さん」、若く見えるのに年齢は55歳でした。

 

離婚経験があり、今は子供と別居をしており、祖父と祖母と同居してるようでした。

 

自己アピールの時間があり、ワタシはあまり品の無い官能小説家だと説明しました。

 

「おもしろそうねぇ〜〜」と、しきりに山田女史と気が合い「今夜も一人だから飲みに出かけませんか?」と、突然お誘いしました。

 

山田さんのビッグサイズのEカップぐらい有りそうなバストが気に入りました。

 

夜の8時前にはタクシーを呼んでもらい、ワタシが自力で文章を書くマンションの一室に着きました。

 

ココは妻や家族に内緒で買いもとめた3500万円の中古ですが、青山にあり夜景が抜群の所でした。

 

43階建ての28階で、取りあえず2LDKはありお風呂もジャグジーにして、風呂場でもセックスが出来るマットレスを敷きました。

 

高齢の出会い系サイトで知り合った、57歳の「山田五十路熟女の佳子さん」は、久しぶりの出会いに興奮をして、最初の夜からワタシとの関係をするのでした。

 

ぽってりしたクチビルに吸い付き、ビックリするほど濃いディープキッスをすると舌を絡ませて、唾液がワタシの口に流し込まれました。

 

ホワイトのトップスにパステルピンクのスカートで、同系色のカ−デガンを着用していました。

 

57歳とは思えぬ麗しげさで、色香が漂っていました。

 

始めは気まずい気持ちがあったようでしたが、こっちを見詰める視線は、微笑ましく思っていることが解りました。

 

眼差しを胸元から外して、眺めていると以前から知人の感じになりました。

 

「お風呂を入れて来るよ。ここは草稿を書く部屋だから誰一人として来ないから安心してね・・・」

 

視線を逸らさないで、少し顎を引いて上目遣いの興味をそそられる視線を微笑みで見ました。

 

「心の準備は決めたわ。ワインでも下さらないかしら・・・」

 

洋服を脱ぎ出したので、ワタシも慌てて身に纏っているモノを脱ぎ出しました。

 

いまや勃起が始まり、パンツが陰茎で持ち上がっていました。

 

自主的にファスナーを降ろして、裸になり始めました。

 

 

「あなたって素敵だわ。俳優の「加藤雅也さん」にくりそつで一目惚れですよ。イケないけど、したいので直ぐに裸になるわ〜〜〜」

 

ワタシもカラダが燃え上がって、気持ちが昂ぶってきましたが、彼女も息を乱して熱く燃え上がりを感じました。

 

「キミが欲しいよ・・・・」

 

彼女のクチビルを奪うと、五十路熟女の佳子さんも、
「んんっ、んんっ、ふううううぅぅ・・・・・」

 

舌と舌を強烈に絡ませて、唾液をクチュクチュと弾かせました。

 

そして色っぽい目でじっと見詰めました。

 

「ほ・・・・、欲しいよ〜〜〜〜」

 

スカートの中に手を入れると、すぐに陰毛が直に触りました。

 

「えっ、裸なの?」

 

「さっきおトイレを借りた時に、パンツが濡れて染みを作るっていたので脱いだの・・・、ドすけべでゴメンナサイ!」

 

「ワタシも一目見た時から、セックスしたくて堪らないよ・・・」

 

とっくにいきり勃起する男性自身を取り出して、激しいキスをしながら17pの剛棒を取り出します。

 

彼女を壁に押し付けて、そのすらりとした片足を持ち上げて、立ったままでインサートを試みました。

 

「はぁぁぁっ、あぁぁぁ〜〜〜」

 

熱く火照る柔肉をずぶりと貫くと、五十路熟女の佳子さんは甘い呻き声を上げて、ワタシにしがみ着きました。

 

「あぁっ、凄いわぁぁぁ、ス・ゴ・イ・・・・・・・」

 

モノの5分後には、ワタシの耳朶を噛みながら、熱い息を吹きかけました。

 

背中を弓なりにさせて喘ぎ、ワタシは尻肉を浮かせて更なる結合を深めました。

 

「あああああぁぁぁぁ、いいいいいいぃぃ。おうおうおう、イクイクイクイクッ・・・」

 

善がり声を上げて得も言えぬ快適さに、下肢が蕩けそうで遂に射精を始めるのでした。

 

 

55歳の「山田五十路熟女の佳子さん」があっというまに気に入り、ご招待すると久しぶりのデートとセックスに興奮されて、初日からオルガスムスの性行為に入れました。

 

バストが88pのEカップですが、この年令でも垂れていないのです。

 

顔は小さいのに162pと大柄で、バストは大きく三段重ねの色違いのお餅みたいで、乳輪も大きくそこの所でまたますます盛り上がっていました。

 

白い膨らみが、乳首を中心にした乳暈の色合いが見事でした。

 

 

 

「コレでも元々はモデルをしていて、90pクラスのデカパイだったの。

 

ある有名な篠山さんという写真家に人材のスカウトされて、先生のワークショップで裸で写真におさめたの。

 

ちょうど20歳で青山学院の学生で、九州の自宅が倒産騒ぎで、私も送金が遅れて部屋代も支払えず、20万というマネーに目に眩み撮影したの。

 

男性誌に掲載されると、物凄い反響で他の雑誌からも撮影を求められたけど、

 

父母が大反対でお店の再建にも影響があるから止めなさい!と警告されて止めたの。」

 

とある皆が知るお菓子屋さんの若社長が、プローポーズしてきて23歳でゴールインしたのです。

 

子供も2人連続して生まれたのですが、乳ぶさが大きくて授乳できず、「美容整形の先生にお願いして90pから85pにカットしたのよ」とまで言いました。

 

「きゃぁ、きゃぁ〜〜〜」と、あっけなく極太の男性自身を呑み込んで行きました。

 

「あうっ、いいいいわぁぁ〜〜〜〜」美貌を仰け反らせて悦びの声を上げます。

 

一撃で全体が男性自身に支配されたようで、肉の悦びが淫口から全身に広がって行きました。

 

真っ白な腰から下を90度に開かせて、集中する黒々とした恥毛はほとんどすべて縮れておらず、炎の様な形でしなやかなと濡れていました。

 

おまんこの亀裂を指で開くと、しとどに濡れてピンクの肉襞が丸見えになりました。

 

クリトリスが包皮を持ち上げて、充血してぷくりと膨らみ、小陰唇はまだ閉めていました。

 

でも激しいキスを繰り返して、クリトリスの愛撫に下肢がピクピクと震えだして、手指の愛撫じゃ物足りずにワタシの男性自身を呑み込みました。

 

「あん、あなたのこれはモンスターみたいね!松茸男根ってこの事なのね・・・・」

 

膣に男性自身を抜き差しすると、

 

「いやぁぁぁん、ダメっ、イッチャウよ〜〜〜」

 

 

もがいて内襞が締まり始めました。

 

正直言って名器と言われた”ミミズ千匹”の、マンコです。

 

ヴァギナがギュッとなって出すと、言葉にならない快適さで、最初はもどかしげにしていた五十路熟女の佳子さんも、次第に深呼吸をするように、心静かに悶えて官能にハマって行きました。

 

「んっ、うふふふ〜〜っ、うううううぅぅぅ〜〜〜〜、あっ、あああああぁぁぁ〜〜。もう死んじゃいますよ〜〜。イクイクッ」

 

ヒクヒクとヴァギナを閉められると、脳天まで快感の落雷が走りました。

 

「あっ、オレもマズいよ〜〜〜〜、逝っちゃいますよ・・・・・」

 

その刹那に、オチンチンの先から弾け散りました。

 

マンションの一室で、今日合ったばかりの「山田五十路熟女の佳子さん」とのセックスは物凄く燃えて、彼女も久しぶりの性行為に燃えて、幾度となくイキマシタ。

 

88pの巨乳のおっぱいは、「まるでマシュマロみたいですね・・」と誉めると、ウキウキして絡めていた指をぱくりと口に含みました。

 

「えっ・・・、何で・・・・・・?」

 

ワタシの右手で彼女の乳首の先端を、コロコロと中指と人差し指でつまはじきました。

 

「あう〜〜〜ん、イイワよ〜〜〜」

 

背筋に電気を走らせて、不覚にも顎をガクガクと突き上げて喘ぎました。

 

目を細めてディープキスをすると、舌を浸してぬめぬめと出し入れされました。

 

「うぐぅぐっ・・・・」粘っこい唾液をポタポタと流して、「唾液の多い女は、フェロモンが強くて、セックスしたい気持ちも強いらしいの・・・」

 

粘る唾液を自分の乳首に着用して、オイルを塗ったように塗しました。

 

「あなたの乳首も、感じるみたいね・・・」と、ワタシの乳首に口で挟んで揉みました。言うまでも無く勃起してきましたが・・・。

 

恥毛を掻き分けて、膣口に指を入れて掻き混ぜると、

 

「あぁぁぁんん、凄くいいいいわぁ〜〜。もっと膣の奥までイレテも良いのよ・・・・・・」

 

 

豊熟なオンナが白い咽喉を晒して、腰をピクンと戦慄かせて膝まで小刻みに震わせました。

 

臀部を開かせて、節くれ立つチンポを四つん這いの五十路熟女の佳子さんのアナルに挿入してみました。

 

「ダメよ〜〜、痛いわぁ、ゴメンナサイソコはまだヴァージンなのよ。もう入れたの・・・・。凄いのが入って来たぁ・・・。でももう大丈夫みたいよ・・」

 

でもお尻の穴から出血で、僅かですが血が流れ出ました。

 

でもここで引き返すわけにもいかず、そのまま強引に挿入を引き続いてピストン運動をすると、喘ぎながらもカラダが震えて性の悦びを感じだしました。

 

「あぁぁぁぁっ、悪くないわよ〜〜。かなり気持ちがイイワよ。もっと続けてもイイワ〜〜〜」

 

ワタシは膝立ちの儘で、菊門の中に入れ出すと肉胴が絡みつき、肉襞がねっりとさざ波のようにうねり出しました。

 

「はぁぁぁん、うぅぅぅ〜〜〜っ」

 

パチンパチンと、お尻に股間がぶつかり結合部からしたたるモノがありました。

 

それはマンコからのマン汁で、抽送を繰り返すたびに膣襞から漏れていたのでした。

 

これ程のマン汁が湧出すれば、摩擦感も少なくて、腔口の媚肉は男性自身に絡んで、陰嚢からザーメンを吸い取るようでした。

 

「あっ、いいぃぃぃぃっ。イクワヨ〜〜〜」との声にワタシも同時に、射精感が出て遂にお尻の穴の孔にたっぷりと吐き出しました。

 

88pのオッパイを握りながら、何回も体位を変えて性交三昧でした。

 

風呂でも湯船の中で抱き寄せて、胡坐をかいて座り向き合いの姿勢で、よく言う対面座位で勃起しだした切っ先を狭孔にあてると、指と舌で散々解したせいか、むしろ引き込むように妖しく蠕動をして亀頭にまとわりつきました。

 

「ん、ほぉぉぉ〜〜っ!」ずんと剛直で膣道を貫くと、獣の様な咆哮を上げて、またも極点を極めます。

 

「またイくよ〜〜〜、冗談でしょうわ〜〜。何度イカせれば気が済むのよ・・・・」

 

太い肉棒で擦られると、前の御主人よりも太くて硬いのが、敏感に最深部に到達して子宮口を殴りつけるのでした。

 

 

「貴方のチンポはデカすぎよ〜〜〜。あああああああぁっ、おちんちんが大きすぎるよ・・・」

 

「五十路熟女の佳子さ〜〜ん、あぁぁぁ〜〜、放出しようですよ〜〜」

 

「ひぃぃぃぃ〜〜、まだイカナイでよ、イクときは一緒よ、余り動かないでよ〜〜〜〜」

 

浮力のせいか身体が安定せず、どうにもワタシにしがみ付き、より結合が深まるのでした。

 

「さっきイッタばかりなのに・・・・、何でなの〜〜〜。またイッチャウよ〜〜」

 

見苦しいほどに巨大化した乳首が擦れ、芯まで蕩けた豊乳が厚い胸板に押し潰されました。

 

「ひぃぃ〜〜っ、んほぉぉ〜〜っ、そんなぁ・・、それをされると死んじゃうよ〜〜〜。またイクワ〜〜。イクイクイクイク〜〜〜っ」

 

体躯と思えぬほどの硬く熱い肉胴を屈指すると、五十路熟女の佳子さんの膣洞を往復して、エラで妥協せず媚粘膜を抉りました。

 

「ひぃぃぃ〜〜〜っ、本当に死にそうよ〜〜。これ以上続けると気が狂うわぁ、戻れなくなるわ、コレの夢中よ・・・・」

 

最近ずっとセックスレスだった奥さんは、理性がぎりぎりの堕落に落ちて行きました。

 

湯の中でゆであがった左右の乳首を交互に吸い、吸い愛撫しながら一番膣の奥まで突き入れると、

 

「ひぃぃぃ〜〜。あああぁぁっ、吸わないで〜〜、先ちょが最高感じるから・・・」

 

「あぁぁぁっ、子宮が降りて来るわぁぁ。あなたのミルクを欲しがっているわ・・・」

 

足首でワタシの腰をロックして、膣内射精を味わおうと卑猥にケツを揺するのでした。

 

「あなたの白いミルクが欲しいの〜〜、早くぶちまけてよ〜〜」

 

熟れた膣肉が急激に収縮を始めて、ワタシのザーメンを求めていくつもの虫が暴れでました。

 

「俺もイキま〜〜す。出ますよ〜〜〜」

 

匂いがきつい断末魔を上げて、幸せにうっとりとする五十路熟女の佳子さんのマンコに射精をしました・・・・。

 

55歳だというのに、まだ乳房の垂れは無くて、ほぼほぼ美容整形で治していると思っていたら、

 

 

「私子供は出産しているけどオッパイが出なくて、専用の粉ミルクだけだから、乳ぶさが垂れたり縮まなかったの・・・」

 

五十路熟女の佳子さんは秋田オンナらしく、透け透る様に純白で、腹部と、肩から背中にかけて程よく肉と脂肪が着き、オンナらしいふくよかなスリムさを作っていました。

 

その豊満な肉付きを恥じる様に、身を縮めて掛かり湯をしました。

 

その素行にも昂ぶりを覚えて、先ほど射精したばかりなのに、勃起に芯が通り太く長く雄々しく伸びました。

 

豊満な乳房が砲弾みたいに、揺れています。

 

黒々としていた恥毛には、白いマン毛が少し交り始めていました。

 

股間を洗う時に、五十路熟女の佳子さんが肉柱を肉厚の掌でやんわりと握り、その瞬間に半勃ちだったモノが、少し膨張を始めて角度が付きました。

 

「アナタが嫌じゃ無かったら、ワタシお口でも良いですか・・・」

 

ワタシの半勃ちの逸物にクチビルを被せました。

 

「おうっ、いいいいいね〜〜」甘美な感触が肉棒を包み、久しぶりの感覚を思い出しました。

 

妻がフェラチオしてくれたのは、かなりの昔の若々しい頃で、まだ性の悦びを知らない時でした。

 

風俗嬢と違い、今日合ったばかりの女性が男根に舌を絡ませるとは、若かりしころを思い出して、あっさりと逸った劣情を覚えました。

 

咥えられたままで、目の前の90pクラスのマシュマロのような乳房を握り、乳首も指で突かんで小刻みに左右に振りました。

 

「ふぅぅ〜〜〜ん、うううううっ〜〜〜。いいわぁ〜〜、中にも指をイレテも良いですよ・・・」と股を開いてマンコを全部見せました。

 

 

口中で男性自身を咥えて亀頭冠を、ぐいぐいと掻き混ぜられると、そのコスレ感で今にも射精をしそうに燃えました。

 

「あっ、それはヤバいですよ〜〜、出すかも知れませんよ・・・」慌てました。

 

勃起物を咥えた口からヨダレが溢れ出て、乳首と陰核が一気に勃起し始めました。

 

「もうダメだわ〜〜〜。立ったままの状態でイレテよ〜〜〜」と尻を向けました。

 

後背位で挿入させると、前に手を持って行かれクリトリスの愛撫を命じられました。

 

「あぁぁぁぁぁっ、いいいいいぃぃぃ〜〜。ダメ〜〜っ、イッチャウよ〜〜。イクイクイクイク〜〜〜〜」

 

またも締めつけに合って、凄まじい射精感に襲われて股間から脳天まで走り抜けて、数知れないほどのザーメンが飛び出しました。

 

彼女も白い咽喉を仰け反らせて、内腿を震わせて両膝を締め付けて、オルガスムに達していました。

 

55歳の山田五十路熟女の佳子さんは何年かぶりの性行為に、止め処も無くワタシを求めます。

 

ですが、ワタシは61歳ですからそんなには何回でも、セックスは出来ません。

 

お風呂場でまだ萎んだ儘の陰茎を握り、そして咥えてしゃぶりフェラチオをして呉れましたが、そう容易く勃起はしません。

 

「女って性交での相性が良くなければ、お付き合いは出来ないの?貴方の魔羅と私のマンコがぴったりだから、膣奥に差し込まれても大丈夫だったの。だからもう一度出来るまで我慢して舐めて上げるわ・・・・。」

 

洗いながらチンポを舐めて呉れて、何時までもしゃぶって呉れました。

 

いくらなんでも恥ずかしいほどで、20分ぐらいで舌が痺れだしたのか、握って前後に動かされ肛門に指を入れて掻き混ぜて、肛門と陰嚢の間の”蟻の門渡り”までをしっかりと舐めだしました。

 

男性の大半はそこを舐められると、過激な絶頂感で男性自身に血が昇り始めました。

 

我を忘れていきりだした肉棒を咥えて、その表情は実に嫌らしく、男性器を擦るだけでは無く、絶妙に吸引を加えてしゃぶりました。

 

まだ半勃ちなのに、「はぐぅぅぅ〜〜っ、もう我慢できないわ〜〜」と亀頭から口を離すと、ワタシの上に跨り自ら割れ目に男性自身を入れ出しました。

 

 

体重を掛けて既に濡れている秘貝に、自ら挿入をして串刺しになりました。

 

まだ本格的な勃起では無くて、半勃ちですが彼女のくねりに負けて次第次第に固くなり、彼女の腰の動きに次第にぞくぞくとする興奮を覚えて、サイズ一杯のおっぱいが弾み揺れるのを下から見ていると、大きな興奮を覚えて固くなり出しました。

 

ヴァギナに出入りが見えるとなお一層と強ばりが高まり、

 

「はう〜〜〜っ、貴方のデカマラが100パーセント立ち直ってきわ・・・・」

 

ワタシも次第に興奮をして3度目の行為に、腰を突きあげて激しいピストン運動にトライして、ラストスパートに入りました。

 

「ひあぁぁぁ〜〜っ、イクッ、いいいよ〜〜、ダメっ、イキそうよ〜〜〜」

 

腰の上から落ちそうな程興奮をして、秘孔を妖しく痙攣させて、エネルギッシュに昇り始めました。

 

ワタシも蜜孔に痙攣で締め付けられて、踊らされながら淫らな女性の隅々までを突いて、ヴァギナを味わい尽くしました。

 

 

女性の性欲は火が付くと、もう誰にも止められません。

 

55歳と言えば、女性だって殆どが肉欲が消えて、おまんこも乾き更年期に入り、ほとんどの人が性行為はしない筈です。

 

ところがこの出会い系に申し込む人は、セックスも目的の一つで幾つになってもマンコは濡れるし、男性の性器官を受け入れられるのです。

 

ワタシは60歳を過ぎたころから、肉欲は朝勃ちはしますが、ごく稀にお誘いを受けて浮気をしても、性交の途中で中折れをしてしまい、ファイナル射精まで到達しないのです。

 

ところがこの山田五十路熟女の佳子さんのマンコに出会うと、インサートも出来たし、ピストンで膣中でも萎んだりしないのです。

 

なぜかというと、彼女のマンコの仕組みが立派で、膣襞が現役で締め付けたり、奥から引っ張ったりするのです。

 

ですので萎む時間にも無く、いつまでも勃起したままで抽送が出来るのでした。

 

「あぁぁぁん、ダメ〜〜〜〜〜、あ、あああああぁぁぁ〜〜」

 

言わば30代の叫び声を上げて、イクのでした。

 

性感が目覚めっぱなしで、媚肉の感覚も過敏になり、ワタシの肉棒が呑み込んだだけで、自分自身で快感を口にしました。

 

「気持ちが良いのかい、五十路熟女の佳子さん・・・」

 

 

「あ、あああぁぁぁっ、いたたまれないけど、またもイクワァ〜〜。ダメっ、あああああぁ」

 

「じゃ中断しようか?」

 

「意地悪ねぇ、あん酷いわぁ〜〜。もっとしたいに決まっているでしょう・・・・」

 

そのいじらしい表情を見ていると、ワタシはまだまだ気持ちがエキサイトし、男性自身に血が昇るのでした。

 

そして無理矢理に男根をおまんこ奥に、押し込むと、

 

「ああぁぁ〜〜っ、ひぃぃぃ〜〜っ、いいいいいいいい〜〜〜」

 

白くか細い上体を弓なりに反らせて、仰け反り豊かな双乳が弾けました。

 

「あ、あああああぁん、またもイッチャウよ〜〜。ワタシもうオカシクなっちゃったわ・・・」

 

すでに計り知れない量のマン汁が絡みつき、どろどろの媚肉が肉棒を包み込んで締め付けるのでした。

 

50歳代で”ミミズ千匹”も無いのでしょうが、その締めつけはアンビリーバブルでチンポが千切れそうでした。

 

「あぁぁぁっ、五十路熟女の佳子さんのマンコが一杯になるまで、ザーメンを出すからね〜〜〜〜」

 

彼女の子宮目掛けて、いつまでも精を吐き続けるのでした。

 

 

本当にワタシは年齢が61歳ですから、55歳の美熟女に求められても、そんなには何時までも勃起はしません。

 

それでも萎んだ陰茎を握り、五十路熟女の佳子さんに何十分でも吸い続けられると、少したってから硬くなってきました。

 

固くなってきた男性性器を握り、ワタシも3回戦であることを忘れて膝の上に乗せて、太腿のヒップの重みを感じてその体臭を嗅ぎました。

 

お風呂で洗っても直ぐに上品な香水を着けるので、新鮮なマンコ臭が解りません。

 

舌を伸ばして五十路熟女の佳子さんのクチビルを舐め回して、気持ちを昂ぶらせて次第に男根が硬く勃起を始めました。

 

熟女の唾液はまさにトロッとした美酒で、舌や口内粘膜を舐めました。

 

そしてあの大きな88pのおっぱいを弄くり回し、おっぱいの柔らかさを楽しみました。

 

 

自分の妻にも出来なかった、陰部舐めにも挑戦してクリトリスを剥き出していつまでも吸い続けました。

 

そして指を2本も膣に入れて、天井の”Gスポット”を突くと、

 

「ア〜〜ン、ダメよそれこそまた、イッチャウよ〜〜〜」

 

マンコの割れ目はそんなには人に見せたことも無いらしく、大陰唇が左右に両方ともにはみ出していて、亀裂の合間の右陰唇に黒い5o位のホクロが見えました。

 

「あっ、こんな所にホクロがありますよ・・・」というと、

 

「あなたにだってチンポの右側に、ホクロがあるわよ・・・」

 

そういえば若い頃に銀座の母という占いオバサンに、大きな鼻を見ながら
「キミはチンポにホクロが無いかしら、それがある人は女難の相で、いくつになっても女には困らないよ、でもふざけて女性を泣かすと、のちのち怖い目に遭うからね・・・」
と言われた事がありました。

 

確かに何時でも浮気はしていたし、この十数年はオンナに困ったことは、ありませんでした。

 

そしてインサートするとマンコのホクロと、ワタシのペニスのホクロがぴったりと合うのでした。

 

これも何かの縁かも知れませんね・・・。

 

スタート日で3回戦まで行けるとは、思いも寄りませんでした。

 

そうして、彼女はしばしばアクメに達して、それこそ大陰唇が真っ赤に腫れるほどに、リピートして性交を続けるのでした。

 

でも61歳のワタシにはいくらなんでも、勃起力が無くなり萎んだ状態でこれ以上は無理とわかり、お腹も空いたので近所の焼き肉屋さんに行き、摘みにユッケと焼酎の炭酸割りを頂きました。

 

ニンニクのオイル焼きを頼み、カルビとロースを2人前を頼み、韓国風野菜サラダと最後はご飯と、コチジャン・スープで締めました。

 

ニンニクを食べた所為か、掘り炬燵形式の部屋で又も勃起する気分になったので、顔を寄せてディープキッスをすると直ぐに受けて、パンティをトイレで脱いできて陰部を触らせました。

 

さっき終えたばかりなのに、既に興奮してヌルヌルで「またしたくなって来たじゃいの?」と求めました。

 

でも今日はこれまでにして、ここからはセックスフレンドとして結婚は考えることなしに性交友達になりました。

 

【PCMAX(ピーシーマックス)「18禁」】の無料登録

【男性特典】コチラから登録・年齢確認で1,000円分のポイントゲット

【女性特典】コチラから登録で永久無料です^^

出会い系サイトへの入会が不安ですか?

PCMAX(ピーシーマックス)

出会い系サイトへ入会・登録するとなるとやっぱり不安・・・
でも大丈夫です!!
当サイトでは安心・安全な出会い系サイトしか
紹介していません!!

そして出会い系サイトについて正しい知識を
知っていれば、なんら不安になることもなく
仮に悪質な出会い系サイトを見ても心配になることはありません。


「出会い系サイト」のメリットとデメリットを学ぶにはコチラ >>


モテない男でも輝ける!!

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

出会い系サイトで五十路熟女とセックスフレンドになった60歳男のエッチな体験談関連ページ

地方での講演で知り合った清楚なスリム女性とのホテルでのワンナイトセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
浪人生のオイラが近所の女性とセフレになってしまった体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
産婦人科医がこっそりと教えてくれた、これまでで一番最高にエッチなお話とは。。。
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
同級生の男女と宅飲みで酔っ払い男子にどさぐさに紛れてセックスしたスケベ女子の体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
セックス好きな女子大生が彼氏と青姦セックスしたエッチなセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
駅のホームで声掛けした女性が酔っ払いの美形女性で、お持ち帰りできたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
いきなり若いギャル女子と同棲することになった奇妙なセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
美形女性と飲み屋のソファでディープキスしながらセックスした体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
クラス会で再会した清楚な女がド淫乱女子になり同窓生で乱交したセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
彼の浮気現場を彼の隣に住んでいる部屋で聞かされ絶望で涙ぐんだ私
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
スレンダーな貧乳のバツイチ営業ウーマンと濃厚セックスの体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
M系の女性がドS系の彼氏に連日のように調教セックスされるスケベな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
三十路の叔母と近親相姦セックスで童貞を捨てた浪人生の悲しい初体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトハッピーメールで知り合った初々しい専門学校生にペニスしゃぶらせ処女も頂いたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトPCMAXでゲットしたスケベな激かわ大卒女子とのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトのPCMAXで出会った匂いフェチな男性とのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
夫の上司にクリトリスを責められスケベな言葉で犯された人妻のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
彼女に内緒で出会い系サイトで知り合った女性にセックステクを伝授してもらったエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトのPCMAXで知り合った26歳の処女女性に貫通セックスしたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで夫とセックスレスになった清楚な若妻と生ハメセックスしたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
童貞喪失は出会い系サイトで出会った年上の若妻と車の中でのカーセックスだったエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
暇を持て余す人妻が出会い系サイトでコロッケ売春するエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
フェラチオ嫌いのマンネリ夫婦が出会い系サイトで偶然遊んでいたバカ夫婦のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで美人のマグロ女性よりもマンコの締まり最高のブスとのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで悪徳業者のドM女と公衆便所でセックスしたツワモノのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
欲求不満でセックスしてくれる相手がいない女の性欲は異常だということを知ってますか?|エッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで援〇している女子を探し出しして軟禁してから肉便器にしていく鬼畜な男のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで知り合った合法ドラッグを使う元彼とのセフレ関係に悩む人妻のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。