三十路の叔母と近親相姦セックスで童貞を捨てた浪人生の悲しい初体験談

色々な出会いを楽しみたい

最新版

安心の出会いを求めるならPCMAX

\恋人がいない方もここならイケるかも!?/

↓↓期待できる出会い系サイトはココ↓↓

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

今すぐに出会いたいなら「PCMAX」!!


申し込みは早い者勝ちです!!


今すぐに出会いたい!!!!!

三十路の叔母と近親相姦セックスで童貞を捨てた浪人生の悲しい初体験談

 

ボクの父母が別れたのは、ボクが高校2年生の時でした。

 

背景にあるのは、父の「女クセ」だったようで、以前から、これが引き金になり、夫婦の喧嘩が絶えることがなかった。

 

遠距離トラックのドライバーをしていた父親は、飲んだくれで、仕事の合間を見ては酒場を回り、行く先々で店のママや、客の女の人と浮名を流していたようだった。

 

小学生、中学生のとき、父親と母親がののしり合い、往々にして父親が母親にDVをするのを見るのはつらかった。

 

自分の部屋に逃げ込み、耳をふさぎ、「自分は、オヤジのようなクソ人間には絶対にならない」と決意を固めたものだ。

 

母親は離婚した後、ふる里に帰り、ボクの親権は父親が持つことになった。

 

父子それぞれのおぼつかない日々の生活が始まったのだが、近所に暮らしていた祖母、つまり父親のお母さんが何かと身の回りのお世話してくれたので、なんとかしのげた。

 

でも、その祖母がほどなく病に倒れ、あっけなく息を引きとってしまったのだ。

 

ボクが高校3年になるいくらか前のことだった。

 

貨物トラックドライバーの父親は、本業に出かけると2、3日は家に戻らなかった。

 

自宅のことはすべてボクがやることになったが、大学受験を1年後に控えて、メンタル面負担は大きくなっていった。

 

コンビニエンスストアお弁当で毎日のように済ませ、洗濯物もたまりがちになっていき、家の中はひどい状態になっていった。

 

そのような状況にたまりかねた、父親の実家に住む三十路の叔母さん、つまり父親の妹が話し掛けてくれたのだった。

 

 

父親の実家には、祖母が亡くなった後、85歳になる祖父と35歳になる三十路の叔母さんが住んでいた。

 

三十路の叔母さんは末っ子で、長男で一番上の父とは年が15も離れていた。

 

市役所で働いていた三十路の叔母さんは高齢者の祖父の手助けをしていた。

 

三十路の叔母さんは「出戻り」だった。

 

28歳の時に結婚したものの、何らかの理由で、4、5年で離別してたのだった。

 

幼い子供たちはいなかった。というわけで、1年後の大学受験を目指してボクは祖父と三十路の叔母さんが暮す家に居候することになったのだった。

 

ボクが生まれてきたころ、高校生だった三十路の叔母さんは、近所に住んでいたこともあって、よくうちに遊びに来て、ボクのおむつを替えてくれたり、遊んでくれたりしていたとのこと。

 

ボクのことを年の離れた弟のようにイメージしたようで、成人した後も、おこづかいをくれたり、何かにつけ可愛がってくれた。

 

言うまでもなく、ボクも三十路の叔母さんのことを姉のように思っていたので、軽い気持ちで父親の実家にお世話になることにした。

 

ボクの勉強部屋には、父親が昔、使っていたという2階の南向きの六畳ほどの部屋があてがわれた。

 

1階にはおじいちゃんが暮らし、2階のボクの部屋の回廊を挟んだ向かい側に三十路の叔母さんの部屋があった。

 

おじいちゃんと三十路の叔母さんとの夕食。ボクは久しぶりに、「家族の団らん」というものを身を以て感じ取った気がした。

 

おじいちゃんもボクが小さいときから、「初孫」ということで、可愛がってくれていて、ボクが希望の大学に受かるように心を尽くしてくれた。

 

しかし、そんなおじいちゃんも、ボクが居候を始めて2か月もしないうちに体調不備を訴え掛けてクリニックに行き、そのまま入院してしまったのだ。

 

 

父親の実家には、三十路の叔母さんとボクだけが取り残された。

 

おじいちゃんが入院した日の夜。

 

表情に疲労感を感じさせる三十路の叔母さんの顔を見た時に、後ろめたい気がした。

 

2人だけの食卓で、済まなさそうに夕食に箸をつけるボクの気持ちを察したのか、三十路の叔母さんは、「智弘ちゃんは気にしなくていいのよ。精進して努力して大学に受かって」と笑顔で言ってくれた。

 

ボクはその時、意識をした。

 

同じ屋根の下、三十路の叔母さんと2人きりだということを。

 

親せきだとはいえ、血がつながっているとはいえ、三十路の叔母さんとボクは、女と男だった。

 

ボクはもう「男」と言える年になっていた。

 

この家に居候することになったときは、おじいちゃんもいたし、三十路の叔母さんはボクが小さいころから家族のように接してきた存在だったし、何の変な感覚もなかった。

 

しかし、急に、おじいちゃんが入院した後、三十路の叔母さんと2人きりで過ごすという予想もしない展開に事は進んでいったのだった。

 

三十路の叔母さんは以前と変わらず、朝ご飯を作り、弁当を作ってくれ、ボクがゼミナールに行くのとほぼ同じ時間に出勤した。

 

そして暗くなる前、ボクが帰宅するのとほぼ同じ時間、スーパーの買い物袋をさげて、帰宅した。

 

当分の間入院治療が必要とのことで、三十路の叔母さんは時折、家から車で30分ほどのところにある病院に見舞いに通った。

 

三十路の叔母さんは、そもそも美人だった。

 

ボクが小学生のころ、うちで友達と遊んでいた時、偶然三十路の叔母さんがやってきて、友達から「素敵な姉ちゃんだな」と言われたことが印象に残っている。

 

ボクは、美人の親せきがいるということを自慢に思った。

 

三十路の叔母さんは常日頃から化粧は抑え気味だったが、内面的からにじみ出るような温かさが、その美しさを引き立てていたと思う。

 

 

おじいちゃんが入院して、ボクの中に三十路の叔母さんに対する「邪念」が溢れてきた。

 

それを振り払うように勉強に没頭しようとしたが、悪魔のささやきは、しどふく強力に、ボクを邪悪な方向に引き寄せようとした。

 

「お湯冷めないうちに入ったら」パジャマを着て濡れた髪の、すっぴんでもきれいな三十路の叔母さんがボクの部屋を顔を出す。

 

「うん、ありがと」。ボクはさりげなく振り返り三十路の叔母さんの顔を見るが、心臓の鼓動の高鳴りをどうすることもできない。

 

三十路の叔母さんが入った後の湯船につかり、三十路の叔母さんの裸を想像した。

 

そのうえで、初めて、三十路の叔母さんのことを思い浮かべて自分を慰めた。

 

これまで考え付きもしなかったし、想像することもやましい、汚らわしいぐらいに思っていたであろうことだった。

 

しかし、たった一度、その「川」をわたってしまえば、当然のように、毎日毎日、三十路の叔母さんを脳内で愛し、凌辱した。

 

一緒に御飯を食べるとき、三十路の叔母さんの顔がガン見できなかった。

 

「何か、困ってることでもあるの?」と訊かれた。

 

しかし、とても本当のことを口にすることはできなかった。

 

出口の見えない状態となっていった。

 

学業が手に付かなくなった。

 

 

授業中も三十路の叔母さんのことが頭に浮かんで勉強に身が入らない。

 

帰宅すればしたで、三十路の叔母さんが身近にいることを常に意識した。

 

いつか自分が暴走するかもしれないと思った。

 

ボクは決心した。「この家を出よう」と。そのために、三十路の叔母さんにすべてを明らかにしようと。

 

「梅雨入り宣言」がされた日だった。

 

夕食の後、躊躇わず三十路の叔母さんに「話したいことがある」と伝えた。

 

三十路の叔母さんは怪訝な顔で台所に立っていた。

 

「これまで言えなかったんだけど。。」。

 

ボクがちらちら三十路の叔母さんを見つめつつ言うと、三十路の叔母さんは気を使うような目でボクを見つめた。

 

「三十路の叔母さんさんのこと、意識しちゃって。。」「私のこと? どういうこと?」。

 

三十路の叔母さんはきょとんとした表情で言う。

 

「意識って?」いつだってと同じように、すべて包み込んでくれそうな大らかな感じの三十路の叔母さんに、ボクは気持ちが楽になっていた。

 

「三十路の叔母さんさんのことを、女として見てしまうってこと」「えっ? だって、親せきだよ、私達。三十路の叔母さんだよ」。

 

ビックリしたような表情の三十路の叔母さん。

 

「ボクも、まさかこんな風に思うとは思わなかったけど、じいちゃんが入院して、三十路の叔母さんさんと2人になって、なんか、胸の内が変になっていって。。学業も手に付かない感じになって」沈黙の時間が流れる。

 

「そうなんだ。。それは困ったね」。三十路の叔母さんがホントにどうしたらいいかわからない表情を浮かべた。

 

「だから、この家を出ようと思って」。三十路の叔母さんの目がその瞬間、マジになった。

 

 

「帰っても、大丈夫なの?」「大変だろうけど、努力しようと思って」「そっか。。」それからもしばらく三十路の叔母さんは、ボクが家に帰ると父が心配するかもしれないとか、もうちょっとここへ留まったほうがいいのではと、そのようなことを言っていた。

 

ボクは変な気分だった。

 

「三十路の叔母さんさんのこと、意識しちゃって」と伝えたこと。

 

それは、はっきり言うと、三十路の叔母さんに「コクった」のと同じことだったからだ。

 

三十路の叔母さんは、年の功か、ボクの吐露をまばたきせず受け止め、また、まんざらでもなさそうな風に見えた。

 

ボクの中で、「学習に本腰を入れるために自宅に帰らなければ」という思いと、「三十路の叔母さんを手に入れたい」という思いが激しく交錯していた。

 

そのうえで、三十路の叔母さんを前にして話しているうちに、後の方の思いが大きくなっていた。

 

衝動的だった。「もうダメ」。その時、ボクは、そんな風に口走ったらしい。

 

気が付くと、三十路の叔母さんに抱きついて押し倒していた。

 

だけど、どうしていいか分からないままで、三十路の叔母さんにしがみついたままだった。

 

「ちょっと、ちょっと。どうかしたの」。三十路の叔母さんは急いでボクを引き離そうとしていた。

 

でもボクは、いい匂いのする三十路の叔母さんの温かい体にしがみ付いていた。

 

その時、これまでの、親が離婚したこととか、おばあちゃんが急に死んだこととか、ここに居候することになったこととかの、どこにも吐き出せなかった思いが湧きあがりきて、涙がにじんできた。

 

しゃくりあげるボクに三十路の叔母さんは呆れた様子だったが、ボクを抱きしめたまま、頭を撫でてくれた。

 

ボクがいつの間にか三十路の叔母さんの胸に顔を埋めると、しばらく三十路の叔母さんはボクの頭を撫で続けていたが、おもむろにシャツをたくし上げ、ブラを外すと、おっぱいを見せてくれた。

 

 

ボクはあかちゃんのようになって、三十路の叔母さんの乳首を口に含んだ。

 

「私と智弘ちゃんの秘密。だから、「帰る」みたいな話さなくていいから」三十路の叔母さんが静かに諭すように言った。

 

別々にお風呂に入った後、三十路の叔母さんの部屋に初めての経験として入った。

 

常夜灯だけ点けて、一つの布団に入り、布団の中で互いにすべてを脱いだ。

 

三十路の叔母さんのしっとりした肌触りと、体の温もりと、そして、ボクのどうしようもなく硬くなったチンチンが三十路の叔母さんの陰毛にあたりに当たった肌触りが一生忘れられない。

 

「すごいことになってるよ」。

 

三十路の叔母さんが笑った。

 

あの三十路の叔母さんと、裸でこんなことになっている。

 

卒倒しそうなくらい、あり得ない気分だった。

 

過呼吸のようになって苦しかった。

 

罪の意識というものはほとんどなくなっていたと思う。

 

今まで体験したことがないセックスというものを三十路の叔母さんとしたい、ひたすらにそれだけだった。

 

三十路の叔母さんのしっとり指がボクの敏感すぎるチンチンの先っちょに伸び、こねるように動いた。

 

フフッと三十路の叔母さんが笑った。「我慢汁」というやつでベトベトになっていたのが自分自身でもよく分かった。

 

三十路の叔母さんが小鳥のくちばしのように口をすぼめて、チュッチュとやってきた。

 

三十路の叔母さんに合わせてしながら、ボクが「本当に、ボクたち、まずいよね、こういうこと」と言うと、三十路の叔母さんはそれまで見たことのないようないたずらっ子のような表情で、ボクのチンチンの先端を強めにつまんできた。

 

ふだん、市役所勤務で、控えめで真面目で、厳しくしていた三十路の叔母さん。

 

あの時は別人のように見えた。

 

ボクを誘うように舌をからめてきて、乳首をいじり、チンチンをいやらしく触ってきた。

 

ボクはそのとき、初めて「男も乳首が感じる」ということを理解した。

 

三十路の叔母さんは息を荒げ、「乳首を吸って」と言いながら、ボクの頭を自分の大きなおっぱいに引き寄せた。

 

さっきと一緒くらいにボクは三十路の叔母さんの乳首を口に含んだが、さっきとは違って、三十路の叔母さんの乳首は固くなっていて、ボクの舌が動くたびに、三十路の叔母さんはビクンビクンと感じ取った。

 

 

三十路の叔母さんは、何かが乗り移ったかのように、せわしなくボクの頭や背中を撫で回し、「もっとして」と何度も行った。

 

ボクが三十路の叔母さんを喜ばせたいと一生懸命におっぱいを舌を這わせていると、三十路の叔母さんはボクのチンチンをつかみ、自分の股間にあてがった。

 

その直後、急に、なんとも言えない温かい、フワフワ感触にボクは包まれた。

 

腰を沈めると、ボクのチンチンが熱くじっとりしたものでギュっと締め付けられた。

 

あっけない童貞喪失の一瞬だった。

 

三十路の叔母さんは待ちきれなく、何の予告もいつの間にやら、ボクを食べたのだった。

 

「入ったの?」。あっけにとられてそう訊いたボクを、三十路の叔母さんはいたずらっぽく見上げながら、なまめかしく腰をゆすった。

 

くねくね回したり、前後に動かしたり、突き上げたり、中に潜入したチンチンを食いちぎらんばかりに締め付けたり。

 

あっという間にボクはぎりぎりのラインを迎えた。「出るよ」ガツンと凄まじい波が集中してきて、腰を数回振っただけで出してしまった。

 

三十路の叔母さんまんこの中に。

 

「だいじょうぶ?」。息も絶え絶えに心配そうに訊くボクに、三十路の叔母さんは「今日はだいじょうぶ」と。

 

ボクがいったん三十路の叔母さんから離れようとすると、三十路の叔母さんはボクの尻をつかんできて制御した。

 

それから、より一層腰を動かしてくるのだった。

 

「おばさん、それダメだって。それよりも、あれこれ、チャレンジしたい」。

 

ボクは無理やり三十路の叔母さんから離れた。

 

想像できない三十路の叔母さんの夜の姿だった。

 

後から思い返すと、三十路の叔母さんも、当時、離婚して間が無く、孤独だったのかもしれなかった。

 

甥からの突然の「告白」によって、辛抱に我慢をしていた思いが堰を切ったようにあふれたのだろう。

 

ボクは女性のおまんこが見たくて仕方が無かった。

 

 

常夜灯だけだと見えないので、部屋の明かりを点けていいか訊くと、三十路の叔母さんは迷いなく「いいよ」と。嫌がると思ったが、意外な答えだった。

 

三十路の叔母さんは、ボクの興奮ぶりを楽しむように、自分自身で長い脚を大きく開き、見せてくれた。

 

三十路の叔母さんの整った顔立ちと、ずいぶん言えず卑猥な股間の対比が凄かった。

 

「初めてなの? 見るの」「うん。ネットとかでは見たことあるけど」なんだか、三十路の叔母さんとそんな会話をしていること時代が夢のようだった。

 

三十路の叔母さんは、自分で指で開いて、ていねいに説明してくれた。

 

ボクがふざけて「市役所でも窓口でお客さんにそうやって説明してるの?」と訊くと、「バカ」と言われた。

 

三十路の叔母さんが開いた割れ目の奥からトロっと透明なものがあふれてきた。

 

それを指で拭い、匂いを嗅いだが何も匂いがしなかった。

 

ボクはもともと堅実症のようなところがあって、他の人の食べかけ、飲みかけのものには口をつけられない性格なのだが、その時、三十路の叔母さんのその部分を思う存分に舐めたいと思った。

 

いったん閉じられた三十路の叔母さんの脚を強く開き、ボクはそこに食らいついた。

 

「智弘ちゃん、だめ」。

 

三十路の叔母さんが声を震わせた。

 

はじめ、方法は分からなかったが、すぐさま、どこをどうすれば三十路の叔母さんが喜ぶかわかってきた。

 

三十路の叔母さんが教えてくれた「クリトリス」は「王道」だと思った。

 

本当に感じた。ずっと舐め続けるより、緩急をつけたり、意表をついて舐めたりすると、より感じた。

 

その夜、ボクはかなり大人に近づいたと思った。

 

おまんこだけでなく、アナルも舐めた。足の指も舐めた。

 

潔癖症の自分が信じられなかった。

 

 

2回目は自信を深めて三十路の叔母さんと合体した。

 

飲み水が体内に浸透してからだの1つとしてなっていくように、三十路の叔母さんとボクの細胞が合わさっていくような、そんな感慨を覚えた。

 

彼女のように夢中で激しいキスし、壊れるぐらい抱きしめながら、汗だくで愛し合った。

 

三十路の叔母さんは、「もっと、もっと」と言いながら、両脚をボクのお尻に巻きつけてきて求めた。

 

その夜は、朝刊が届けられる時間まで愛し合った。

 

幾度、ひとつになったかは覚えていない。

 

以来、次の日も、その次の日も、三十路の叔母さんとセックスした。

 

「勉学が身に入らないから、この家を出る」と言ったボクだったが、そう三十路の叔母さんに話したことが引き金となって、さらに深みにはまりこみ、さらに勉学が手につかなくなった。

 

講習中も三十路の叔母さんとのセックスのことばかり考えていた。

 

三十路の叔母さんのことを本気で好きになってしまった。

 

許されなくても、駆け落ちしてでも結ばれたいと思った。

 

少しすると、ウワサがたった。

 

「あの家で夜な夜な尋常でない声が聞こえる」と。

 

おじいちゃんが入院して、三十路の叔母さんと居候の甥が二人で住んでいることはご近所の人々も理解していた。

 

その家から夜な夜な。。。正直言って、朝、家を出るとき、夕方、帰宅したとき、近所の人の目がどこかよそよそしく感じられた。

 

そのウワサがついに父親の耳に入り、父親からめちゃくちゃ叱責された。

 

ボクはどこまでもシラを切り通していたが、「畜生野郎」とののしられ、ボコボコに殴られた。

 

三十路の叔母さんも父から容赦なく問い詰められたようだ。

 

ボクは実家に連れ戻された。

 

翌春、大学受験にドジを踏んだボクは家を出て、新聞奨学生として勤務しながら、その1年後に再受験し、思い通りに希望の大学に合格できた。

 

三十路の叔母さんは、おじいちゃんが入院して半年ほどして亡くなられた後、知り合いの紹介で企業家の男性と知り合い、再婚して実家を立ち去った。

 

その家も今は解体されて、コインパーキングになってしまった。

 

ボクは24歳になり、就職活動まっ最中の身だ。

 

41歳を迎えた三十路の叔母さんは、夫になった人の仕事の関係で海外に移住してしまった。

 

もう会うことはないかもしれないが、三十路の叔母さんへの想いは、消し切れていない炭火みたいにくすぶり続けている。

 

愛してるよ、さゆりさん! いつか生まれ変わったら、次こそ結婚してね。

 

【PCMAX(ピーシーマックス)「18禁」】の無料登録

【男性特典】コチラから登録・年齢確認で1,000円分のポイントゲット

【女性特典】コチラから登録で永久無料です^^

出会い系サイトへの入会が不安ですか?

PCMAX(ピーシーマックス)

出会い系サイトへ入会・登録するとなるとやっぱり不安・・・
でも大丈夫です!!
当サイトでは安心・安全な出会い系サイトしか
紹介していません!!

そして出会い系サイトについて正しい知識を
知っていれば、なんら不安になることもなく
仮に悪質な出会い系サイトを見ても心配になることはありません。


「出会い系サイト」のメリットとデメリットを学ぶにはコチラ >>


モテない男でも輝ける!!

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

三十路の叔母と近親相姦セックスで童貞を捨てた浪人生の悲しい初体験談関連ページ

地方での講演で知り合った清楚なスリム女性とのホテルでのワンナイトセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
浪人生のオイラが近所の女性とセフレになってしまった体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
産婦人科医がこっそりと教えてくれた、これまでで一番最高にエッチなお話とは。。。
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
同級生の男女と宅飲みで酔っ払い男子にどさぐさに紛れてセックスしたスケベ女子の体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
セックス好きな女子大生が彼氏と青姦セックスしたエッチなセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
駅のホームで声掛けした女性が酔っ払いの美形女性で、お持ち帰りできたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
いきなり若いギャル女子と同棲することになった奇妙なセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
美形女性と飲み屋のソファでディープキスしながらセックスした体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
クラス会で再会した清楚な女がド淫乱女子になり同窓生で乱交したセックス体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
彼の浮気現場を彼の隣に住んでいる部屋で聞かされ絶望で涙ぐんだ私
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
スレンダーな貧乳のバツイチ営業ウーマンと濃厚セックスの体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
M系の女性がドS系の彼氏に連日のように調教セックスされるスケベな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトハッピーメールで知り合った初々しい専門学校生にペニスしゃぶらせ処女も頂いたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトPCMAXでゲットしたスケベな激かわ大卒女子とのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトのPCMAXで出会った匂いフェチな男性とのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
夫の上司にクリトリスを責められスケベな言葉で犯された人妻のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
彼女に内緒で出会い系サイトで知り合った女性にセックステクを伝授してもらったエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトのPCMAXで知り合った26歳の処女女性に貫通セックスしたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで五十路熟女とセックスフレンドになった60歳男のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで夫とセックスレスになった清楚な若妻と生ハメセックスしたエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
童貞喪失は出会い系サイトで出会った年上の若妻と車の中でのカーセックスだったエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
暇を持て余す人妻が出会い系サイトでコロッケ売春するエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
フェラチオ嫌いのマンネリ夫婦が出会い系サイトで偶然遊んでいたバカ夫婦のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで美人のマグロ女性よりもマンコの締まり最高のブスとのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで悪徳業者のドM女と公衆便所でセックスしたツワモノのエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
欲求不満でセックスしてくれる相手がいない女の性欲は異常だということを知ってますか?|エッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで援〇している女子を探し出しして軟禁してから肉便器にしていく鬼畜な男のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。
出会い系サイトで知り合った合法ドラッグを使う元彼とのセフレ関係に悩む人妻のエッチな体験談
様々な男性たちが年齢別に若い女性から熟女女性までいろいろな状況でいやらしいシチュエーションでセックスしたエッチな体験談集です。