埼玉県の大宮で出会い系サイトが初めての方でもすぐにヤリマンのアイドルとたっぷりと不倫できる出会い系サイトPC Maxの体験談

色々な出会いを楽しみたい

最新版

安心の出会いを求めるならPCMAX

\恋人がいない方もここならイケるかも!?/

↓↓期待できる出会い系サイトはココ↓↓

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

今すぐに出会いたいなら「PCMAX」!!


申し込みは早い者勝ちです!!


今すぐに出会いたい!!!!!

埼玉県の大宮で出会い系サイトが初めての方でもすぐにヤリマンのアイドルとたっぷりと不倫できる出会い系サイトPCMAX(ピーシーマックス)の体験談

3月のまだ、気温の低い頃に優良(有料)出会い系サイトのPCMAXで一夜限りの出会いをした体験談です。

 

当日にお会いしたのは、20代後半の大企業の女性社員さんと週末の夜の8時頃から、埼玉県の大宮で会う約束をしました。

 

大宮駅前のコンビニエンスストアで待ち合わせということになり、その辺で立っていると、目のまえにマフラーを巻いた女の人に声をかけられました。

 

「こんばんわ、唯奈です。Rさんですよね?」

 

「はい、お初です、Rです。」

 

「こんにちは〜。」

 

姿を見せた唯奈さんはイメージ的には、自分の好みとは少しずれた感じ。

 

しかしながら、せっかく、時間をとってくれたのだから、気持ちを切り替えて、

 

「それじゃ、どうしましょう? 遅い時刻だから、良くある飲食店やってないし、居酒屋でも行きますか?」

 

「じゃあ、そうしましょう」

 

みたいな感じで四国料理に強いらしい、空きの目立つ飲み屋へ。

 

このタイミングで、唯奈さんの好きな料理を注文していく。

 

「そいえば、先ほどは失礼極まりないコト(独身の人かどうか)聞いてゴメンナサイ。」

 

「いえいえ、でも、むかし、会ったら、若妻さんだったことがあったんですか?」

 

「ええ、ええ、まあ、恋人のいる女の人と会ったことはありますよ。^^」

 

「ところで、今の仕事は何されてるんですか?」

 

「わたしは医療関係機器の営業やってます。 平たく、言ってしまえば、値段の張る治療機材を買って下さいってお願いするお仕事です。」

 

「なるほど、大変そうですね〜。」

 

「まあ、結果を出してれば、いち早く帰れるし、そうでも無いですよ。そっち、何をしてるですか?」

 

 

「わたしはG社に勤めています。」

 

「おぉ〜、G社っていうと、テレビでも話題の大企業ですか?」

 

「誰もが知っているかはともかく、そこで受付嬢をしています。」

 

「なるほど、受付嬢って華やかそうですが、実際は大変なんでしょう?」

 

「何と言いましょうか。外見で受付嬢を採用しているように思われますが、わたしを見れば顔じゃないというのがわかるでしょ。。そういえば、この優良(有料)出会い系サイトのPCMAXってサイト、使ってどのくらいですか?」

 

「わたしはかれこれ、4年以上ですね〜。」

 

「長いですね!!」

 

「ただ、彼女ができたりするとやらなくなるんで、結構、空白期間、長いですが..。」

 

「なるほど、ここの出会い系サイトで知り合って、彼女になったりするんですね。」

 

「やっぱり、社会人になると出会いが無いですからね〜。」

 

「勤め先で20〜30代の女性とかいないんですか?」

 

「ウチの事業所は余り、新しい人、入ってこないんで、既婚ばかりなんですよね〜。」

 

「わたしのオフィスと同じですね。 ウチもおじさんばっかで。。わたしが一番の若手です。」

 

「思った通り、ちなみにそっちはあの出会い系サイト始めて、どれくらいですか?」

 

「実際には今回初めてなんです。」

 

なによりわたしが出会い系サイトで初めて、会う男性と言ってくれる女性はたくさんいます。

 

紹介文から、清潔感とかが伝わってくるから安心できるのだと..。

 

 

他人の話を聞いてると出会い系サイトだからって、ガツガツしすぎな人が多いように感じます。

 

偉そうなこと言っても、最初は紳士的に。みなさん、お気を付けください。

 

「一緒なんですね〜。 何か、初めて会うのがわたしって、ちょっと、ゴメンナサイね。」

 

「心配ご無用です〜。イメージ通り、優しい感じの人で嬉しかったです」

 

そんなお話をしながら、お店を出ることに。

 

会計は当然、自分が多く出すことになりましたが。

 

「じゃあ、コンビニで焼酎でも購入してから、入るとこ見つけますか。」

 

「そうですね。 じゃあ、あそこのコンビニはどうですか?」

 

「バッチリです〜。」

 

どうも、食べ物のこだわりなどでコンビニが好きみたいだ。

 

わたしには良く分からないが、さすが、G社。

 

そこで、アルコールやら、何やら買い込み。近くのラブホテルに入る。

 

待合せ場所から近い、ラブホテルはリサーチ済みなり

 

今回はメールの時点からあちら側がラブホテルに行きたがってたので、時間をかけず誘導できました

 

ラブホの部屋に入ってからは二人でお酒を飲んだり、スウィーツを食べながら、まったりと過ごす。

 

「ところで、今日がはじめての出会い系サイトの利用ってことですが、恐くなかったんですか?」

 

「わたし、あんまり、危機管理とか、考えないんですよね〜。」

 

「なるほど、そいえば、趣味が海外旅行ってあったから、相当、エネルギッシュなんですかね〜?」

 

「そうですねえ、東南アジアは殆ど、行ってしまいましたね〜、ほかにも….」

 

その間もお互い、敬語が抜けない。

 

しかし、ラブホに一緒に入ってるのにこの距離感は出会い系サイトならではですよ。

 

そのようにして、お風呂を準備して、あちらに先に入らせる。

 

構造的に向こうの着替えをコソコソと見ようと思えば、見れるのだがわざわざ見ないようにした。

 

そのうち、あちらが出てきたのと交替し、自分が入ることに。

 

あちらを待たせるのが良くないという気持ちと自身がソワソワしてることもあり、カラダを洗うのみで湯船には余り浸からずにササっと出る。

 

すると、ピンクカラーのバスローブを被った唯奈さんがベッドに座っているのが目に入る。

 

なんとまあ、眼鏡を外すと派手じゃない感じでちょいオイラのタイプになる。

 

これがマンガなどの眼鏡を取るとイメージが入れ替わるってやつか!?

 

「じゃあ、ライト消すね〜」

 

とベッドサイドの控えめな照明を残し、暗くする。

 

あっさりとムードが変わる。

 

そして、相手の手を握りながら

 

「でも、あの内容なら、かなり、誘いあったろうに自分でよかったの?」

 

「大丈夫なの」

 

と敬語も抜け、これまでとは目に見えてムードが変わります。

 

 

「どういったものが、好きなの?」

 

そう聞かれると、答えるその代り唯奈さんの膨らみに手を出してしまう。

 

バスローブの上から伝わる手触りは、バランスがしっかりした張りとズッシリとしたサイズでなかなかのものでした。

 

「かなり、大きいね。 どのぐらい?」

 

「さ〜、どれくらいでしょう?」

 

「Eカップかな?」

 

「フフッ、内緒」

 

バスローブの間から、触って、ムニュムニュと手の中でちょこっとこめてみる。

 

ダンダンと膨らみの中心となって指を持ち込む。

 

その感じで、そっと、撫でてみたり、きゅっと摘んでみたりすることで固まってくる。

 

ローブをはだけさせて、膨らみと出くわす。

 

乳首の中心の色素こそ、ちょっと、深いものの、かなり良い形である。

 

そのうえで、指だけでなく、口も使って楽しむ。

 

乳首をチュパッと口に含んだと同時に、唯奈さんから初めて、ふぅという声が出る。

 

そのうえで、おっぱいを触りながらも脚の付け根に右の方を回し、スリスリと内腿を触りながら、やがて身体の中心の方に手をスライドしていく。

 

そうしてから、丁度、真ん中に差し掛かったその瞬間指にネットリとした感触が。

 

「おっ!?」

 

「ん。。.。わたし、お酒飲むとすぐ、マンコがびっしょり濡れちゃうんだよね….。」

 

ちょっとだけ、照れがちにでも、いつものように、ハスキーな声でいう。 

 

ずっと、上を攻めながらも、股間のマンコの裂けめの方も探っていく。

 

唯奈さんのマンコの奥はしっかりと濡れているので、指がさらりと入る。

 

しばらく、唯奈さんのカラダを堪能してると、向こうから、お願いが。

 

マン汁まみれのオマンコの中ではなく、外のクリトリスにいじくって欲しいとのこと。

 

すでに勃起したクリトリスに触れた瞬間に。

 

「あん」

 

今日、これ以上ない反応が…。

 

それ以後もクリトリスをフェザータッチを維持していく。

 

「そこのところが一番、心地いい…。  ってか、いじくるの上手だよね。」

 

「そう?」

 

「うん、すごく、マンコが熱くなって気持ちいい。」

 

自分から、指定するだけあって、その部分が唯奈さんの性感帯みたいだ。

 

アッという間に、自分の肉棒を包みこむ感触が。向こうの手がわたしの肉棒を握って、ゆっくりとしごいていた。

 

しかし、向こうが感じてくれてるのに、こっちの反応が切れがないなのは、唯奈さんの声がハスキーだからかな〜。

 

見るとあちらがしごきながら、わたしの乳首をちょっとつねったり、しまいには舐めたりしだす。

 

ほんとにことのほかうまい!! 自分、少しだけ、Mッ気あるかな〜?って考えてましたがやっぱり、思いっきり、Mでした。

 

そんなんで、わたしの方ももちろん盛り上がり、準備完了。

 

仕上げのチャンスへ。

 

 

「だったら、付けて上げるよ。」

 

と、向こうがコンドームを出して、わたしの肉棒に付けてくれました。

 

やけに積極的にだな

 

「わたし、随分、長い間、マンコに入れられてないんだ〜。」

 

「そうなんだ〜、お世辞なしで出会い、全く、ないって言ってたモンね、」

 

そのわりには、そうじゃないであるからこそか? いやに、活動的だな〜。

 

そんなことは口に出さずに唯奈さんの脚を持ち上げた上で唯奈さんのマンコの割れ目ちゃんを開くと肉棒の亀頭の先を合わせて、ゆっくりと唯奈さんの中に挿入していく。

 

ぬちょっとした感触と共に唯奈さんの熱いおマンコの中に納まる。

 

そして、正常位のまま、ゆっくりと腰を動かしながらピストン運動を始める。

 

やっぱり、びっしょり濡れやすいのって、すごくギュッと締まって具合が良いな。

 

あちらも「あん あん」とハスキーな声ではあるが感じ取ってくれている。

 

腰をがしっとつかんで、高速運動のペースを上げてみる。

 

ふくらみに手を伸ばしたり、おマンコのクリトリスを刺激しながら、唯奈さんのマンコの奥を突いていく。

 

突くたびに唯奈さんがハスキーで「ん。」とか「あんあん」とか声を漏らすのがちょい困ったが、

 

騎乗位をリクエストし、また、自身の乳首などをいじってもらうことで再燃。

 

無事、コンドームの中にザーメンを射精して、果てました。

 

いつもはセックスの後に長話をするのが好きだったのですが、この時は好みの対象以外だったことと向こうが眠たがっていたため、あっさり、寝ることにしました。

 

あくる日、起きたときに唯奈さんはすでにカジュアルな服を着て、会った時と同じく眼鏡をかけていました。

 

この眼鏡を掛けてるルックスを見て、やはり、自分の好みとは合わないな〜と気づいたのです。

 

それ以降はさしあたって連絡先をやり取りすることも無く、ラブホテルを出て、あちらがちょっと、買物していくというのでそうした理由から別れました。

 

呼び名も連絡先も分からない彼女と一夜を共にするというモノホンのワンナイトラブ体験談になったのです。

 

PCMAXは2018年で最も出会えるサイト

 

  • 今直ぐに貴方のタイプの異性エッチをしてみたい方
  • 「夜だけ・セフレ募集」などのアダルト目的もOKです
  • なにより清楚系がいっぱいだけど、本当はビッチでエッチ

 

PCMAXは誰も知ってる国内最大手の出会い系サイト!とりわけ女性からの人気が高く、

 

PCMAXの女性利用者の集客率はハンパなくケタ違い!

 

なぜなら言うまでもなく女性会員が利用する際にきめ細かいサイト&サポート体制が抜群であること!

 

言うまでも無く出会いの可能性もバツグンに高いので、ピュアな男女の出会いからアダルトっぽい大人の出会いまで

 

ありとあらゆるものをトータルにカバーでき、ネットの出会い系サイト利用での登録は絶対に外せない国内ナンバーワンの出会い系サイト

 

※今ならメール1000円=20通分の無料ポイントをプレゼント※

 

【PCMAX(ピーシーマックス)「18禁」】の無料登録

【男性特典】コチラから登録・年齢確認で1,000円分のポイントゲット

【女性特典】コチラから登録で永久無料です^^

出会い系サイトへの入会が不安ですか?

PCMAX(ピーシーマックス)

出会い系サイトへ入会・登録するとなるとやっぱり不安・・・
でも大丈夫です!!
当サイトでは安心・安全な出会い系サイトしか
紹介していません!!

そして出会い系サイトについて正しい知識を
知っていれば、なんら不安になることもなく
仮に悪質な出会い系サイトを見ても心配になることはありません。


「出会い系サイト」のメリットとデメリットを学ぶにはコチラ >>


モテない男でも輝ける!!

出会いSNS PCMAX(PCマックス)